バイクABSは必要なのか?評価してみました。

バイクABSは必要なのか?評価してみました。

marubatu

バイクでABS付きバイクをよく目にしますが、
そもそも必要なんでしょうか?検証していきたいと
思います。まずは、ABSとはなんでしょう?
下記に記載してみました。

ABSとは?

ブレーキを掛けたときにタイヤロックを防ぐ
役割をします。つまり、急ブレーキを掛けた
時に、ロックせず少しづつ周りブレーキを
掛けていきます。この情報は今では当たり
前のはなしです。自動車と同様なシステム
です。

しかし、バイクならではのABSの必要性が
存在するので、バイクではなぜABSが
重宝されているのか詳しく下記に記載
します。

バイクABSの仕様は?CBSとは?

バイクのABSは意外に歴史が浅く、近年本格
的に開発されました。
油圧ブレーキのシリンダーを急ブレーキ時、
電子操作でブレーキ圧力調整します。

ABS

※国土交通省資料参照

またCBSのブレーキシステムも存在します。
前輪、後輪の一方にブレーキが掛かると
反対側のブレーキにもブレーキを連動
させる仕様のシステムです。
あまり、大きなバイクには搭載されて
いないイメージがあります。原付や
小型バイクについているイメージが強い
ですが、近年HONNDAのゴールドウィング
でCBSとABSの特徴をもつブレーキ
システムを開発するなど、CBSも
今後色々な車種に対応していくことで
しょう。

CBS

※国土交通省資料参照

そうする事で、急ブレーキ時でもハンドル
操作が可能になります。

そもそもバイクでタイヤロックしたらどうなる?

後輪のタイヤロックならまだ事故の可能性
は少ないです。多少立て直しが利くからです。

問題は、前輪のタイヤロックです。
前輪のタイヤロックは立て直しが利かない
為、ほぼ高確率でコケます。
前輪タイヤがロックしているので、ハンドル
を切っても曲がりません。コントロールが
利かない状態に陥ります。

高速運転中なら大きな事故の可能性が大きく
なります。

ここでABSが働けば、仕組みで急ブレーキ
でもタイヤロックせずハンドル操作が可能
になります。

ABSは義務化へ

近年、国際的にABSはEUで主流になって
2015年には国際基準としてEUは義務化
されました。ともなって、2018年10月
より日本でも新型バイクABSもしくはCBS
搭載車が義務化されました。
継続販売車両は2021年かな開始
されます。

つまり、今後市販車ではABSまたはCBS
搭載車しか出回らなくなります。

ABSを後付けできますか?

不可です。装着しようと思えば可能ですが
ABS搭載のバイクを際購入するしかないで
しょう。

ABSの周りの部品は命にかかわる部分
なので各パーツ会社も販売は避けている
でしょう。バイクショップも装着を
やってくれないでしょう。

勝手に装着して、ABSトラブルで事故
を起こすかもしれません。バイク保険
も適用されないかもしれません。

やはり、ABS装着バイクを
購入するしかないでしょう。

ABS搭載バイクは5~10万円程高い
ですが命にかかわる装置の為、折角
購入をするならABS,CBS装着バイク
が良いと思います。

まとめ

  • ABSは義務化され今後標準化していく
  • ABSでタイヤロック防止できる為、
    重宝するべき
  • 後付けは不可なので、新車購入する
    しかない

バイクブログ-にほん村

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする